情報のパラドックス

information paradox


30年間以上にわたって、イギリスのケンブリッジ大学スティーブン・W・ホーキング(Stephen Hawking)は、ブラックホールによって飲み込まれる粒子に関連しているどんな情報も失われてきたと主張してきたが、ホーキングは2004年に、180度転換し、皆は確信していたというわけではないが、その情報を回復できるといいだしたブラックホールで失われていなかった情報です。

>> さらに詳細な情報はこちら