スキャン・ライン法

scan-line method


スキャン・ライン法は画面の走査線ごとにポリゴンのレンダリングを行うスクリーン空間での隠面消去アルゴリズムで、スキャン・ライン法では隣接した画素が同じポリゴンから計算されるという局所性を利用するので、計算量や作業記憶領域を削減しつつ高品質の画像を生成することができます。

>> さらに詳細な情報はこちら