スクライブ手法

scribing


インクなどで製図をした場合、一定の太さの線を描き続けることは不可能であったことから、透明なポリエステル・ベースのプラスチックシートに塗布されたスクライブ膜(遮光性)を図式で決められた線号の針で彫り取って製図し、地図などを制作する製版技術です。

>> さらに詳細な情報はこちら


Denis Diderot
1730年にアムステルダムで出版されたC.Ptolemaeusの世界地図
航空写真をステレオ処理し、同一ベクトル数値を等高線としてスクライブ手法で製図
機械でスクライブ手法で描かれた地図
地図の詳細部分を手によるスクライブ手法で製図
最も熟練した技術が求められる地図のケバ部分をスクライブ手法で描くスイスの熟練技術者
世界で最も評価の高い手で描いたスクライブ手法の結果
世界で最も評価の高いスイスの地図のケバ部分の拡大図
余色実体画像
標高による歪量
チェックポイントにおける変異量及び標高差
衛星画像から作成したDEM
国土地理院数値地図50mメッシュ
スイスの地図を最初に使ったG.H.Dufour(1787〜1875)(Eidgenoessische Landestopographieより)
スイスの地図技術を確立したH.Siegfield(1818〜1879)(Eidgenoessische Landestopographieより)
1845年に作られたスイスの地図例(Eidgenoessische Landestopographieより)
1911年〜1916年のスイスの地上測量地点(Eidgenoessische Landestopographieより)
初期のスイスでの地上測量風景(Eidgenoessische Landestopographieより)
スイスで導入された航空測量の概念(Eidgenoessische Landestopographieより)
スイスの1/100,000地図例(Eidgenoessische Landestopographieより)
スイスの1/50,000地図例(Eidgenoessische Landestopographieより)
スイスの1/25,000地図例(Eidgenoessische Landestopographieより)
1762〜1777年にDiderotが出版したEncyclopedie,ou dictionnaire raisonne des sciencesより
1795年のUnited States
どれだけ正確な情報をインターネット経由で得ているか?
何が重要な情報ソースであるか?