ステーショナリー・マット・エフェクト

stationary matte effect/painted matte effect

ペインテッド・マット・エフェクト

映画やテレビで使われるアナログ方式のSFX技法の1つで、カメラの前に備え付けられた透明なガラスに絵を描いて、ライブと一緒に撮影するグラス・ショット(glass shot)と、カメラを固定し、ほかの映像を挿入したい部分に、コンピュータ・グラフィックスでいうαチャンネルのような黒い紙か金属を設置し、後でその部分にほかの画像をはめ込むマット・ショット(matte shot)があります。

>> さらに詳細な情報はこちら