ストックホルム症候群


1973年にスウェーデンのストックホルムで発生した人質事件が元となって命名された、人質監禁事件などの極限状況の中で、人質が犯人に好意を抱き始める現象のことです。

>> さらに詳細な情報はこちら