スーパースタジオ&ラディカルス

SuperStudio & Radicals


1963年から1967年にかけてイタリアのフィエレンツェ大学の建築科で起こった、一連の大学占拠を通して、合理的有機主義建築に関する改良主義的な議論を論破し、政治的な論争の渦中で体制的な建築家という職能が果たすべき責務として、超生産(Super production)、超消費、消費における超感覚、超市場(Super Market)、超人(SuperMan)、超燃料(Super Gasolin)の建築であるスーパー・アーキテクチャー(Super Architecture)を解明するための革命的な行動です。

>> さらに詳細な情報はこちら