スパチュラ機能


サーフェイスを「へら」と見なしてソリッドモデルの削り落としや肉付けを行うことです。これによりデザイナーが粘土細工のような感覚でモデリングすることができるようになります。

>> さらに詳細な情報はこちら