スーパー特許報奨金制度

S特許報奨金制度

オムロンが収益に結びつく発明を奨励するとともに、成果重視の経営姿勢を明確にするために1999年4月1日から開始した、社員が発明した特許に対し、粗利益への寄与などを所定の計算式に当てはめた事業貢献度に応じて同一人物に1件当たり年間最高3,000万円、累計1億円まで報奨金を支給する制度です。

>> さらに詳細な情報はこちら


特許庁のホームページ
発明関連のURL
パソコン電子出願
電算ソフト特許権
著作権
デジタル化権
知的財産権
強制ライセンス
BMI
デジタル映像の著作権保護
著作隣接権
知的所有権担保融資
WIPO
電子の透かし
知的所有権センター
グラフィックマン
PictureMarc
サイバー・ノマド
21世紀の知的財産権を考える懇談会報告書
インターネット弁護士協議会
暗号技術
MusicReport
InfoProtect
オブジェクト認証
版権ビジネス
FBI長官の不安と願望
万国著作権条約
セキュア・アーカイバ
パソコン関連の著作権事件年表
NSAFER
WIPO MEMBER STATES APPROVED PROGRAM AND BUDGET FOR 1998-1999
VerSecure
Quicken Business CashFinder
データベース保護法案
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
セキュリティ・フォント
CPTWG
鍵長
全数探索法
差分解読法
安全性評価指標
E2
Corbis
デジタル情報の劣化消滅
富山県立近代美術館裁判
プロテクト外し規制
マルチメディア・コンテンツにおけるムーアの法則
PROPATENT-DB
dozen award
サブマリン特許
EFS(Electronic patent application Filing System)
ラナム法
歪シリコン・トランジスタ
国際知的財産保護フォーラム
国際知的財産シンポジウム
Creative Commons
バーチャル著作物マーケット
FISA
自由利用マーク
EYEマーク
ウェブの予言者
知的財産高等裁判所
IP公民権運動
インターネットによる登録実用新案公報
中国インターネット協会インターネット著作権連盟
KODAK Preservation
暗号の2010年問題