スーパーヘルプデスクサービス


NTT-ATが1996年9月1日からサービスを開始した、LANなどのトラブルへのサポート・サービスです。サービスは市販のソフトが利用され、ユーザーの端末にヘルプデスクの端末の画面を表示させ、それを見ながら電話でトラブルの解決を図ります。

>> さらに詳細な情報はこちら