ズーム・イン/ズーム・アウト

ZOOM IN/ZOOM OUT


レンズの写角を変化させながら映像を撮影する技術の総称。ズーム・インは写角を広角側から望遠側へ移動することで、望遠レンズでは遠くのものが拡大されて見えるのでしだいにアップしていく効果がでる。ズーム・アウトでは、逆に写角を望遠側から広角側へと広くしていくので、だんだんとカメラを引いていく演出ができる。このような撮影方法をズーミング(zooming)という。撮影するときには、ときどきズーミングしてフレーミング(ファインダにおさまる構図)を変えたり、強調すべき被写体をズーム・インしてとらえたりしながら撮る。ごくわずかなズームによって画面の表情はかなり変化するので、あまり頻繁にズーミングばかりしていると何を撮りたいのか、わからない映像になってしまうこともある。