捨てた携帯電話からひまわりが咲く


携帯電話がどんどん進化し、それと同時にどんどん捨てられることから、イギリスのUniversity of Warwickの研究者が、PVAXX Research and Developmentとモトローラ(Motorola)社によって開発されていた生物分解性のポリマーで作られた携帯電話のカバーにひまわりの種を埋め込み、そこに小さな窓を開けて、土に廃棄されると発芽するようにした携帯電話です。

>> さらに詳細な情報はこちら