ストックホルム渋滞税計画

Stockholm Congestion Charging Scheme


2006年1月からストックホルム市で試験的運用を開始した、課金ゾーンを出入りする全ての対象車両は、ラッシュアワーのピーク時に最高となるように設定された渋滞税を、一日当たりの規定上限額以内で、時間帯に応じて課せられる課税計画です。

>> さらに詳細な情報はこちら