生物学の共生とコミュニケーション


生物学の中には、多細胞生物の細胞の個々の構成物は、元は独立した単細胞生物で、その共生によって細胞が成立したものではないか、という仮説があり、その仮説をさらに発展させ、蟻や蜂などの昆虫では、それぞれ1匹の脳はさほど能力は持っていないが、それぞれの役割が厳格に決まっているから、巨大な集団になると想像もできないようなエネルギーと頭脳を持つということが研究されるようになってきています。

>> さらに詳細な情報はこちら