声明・情報の自由と匿名発信を守れ


最近の自殺毒物宅配事件で、インターネットを通じての情報のやりとりであったことから、匿名での発信や「有害情報」の規制がマスコミでキャンペーンのようにしてとりあげられ、一部プロバイダー業界にも規制の動きがあるとの報道が合ったことから発信された「情報の自由と匿名発信を守れ」という声明文です。

>> さらに詳細な情報はこちら


1523年に発行したNeweZeytug(新聞/Neue Zeitung)
1535年に発行したWarhafftige Newe Zeitung(新聞/Wahrhaftigen Neuen Zeitung)
1721年にライプツィッヒで発行されたNeue Zeitungenの1年分合本
1721年のNeue Zeitungenにあった新聞を読む貴族
1780に創刊され、スイスの共和制に貢献したZuercher Zeitungの1号表紙
1780に創刊され、スイスの共和制に貢献したZuercher Zeitungの2ページ
1780に創刊され、スイスの共和制に貢献したZuercher Zeitungの3ページ
1780に創刊され、スイスの共和制に貢献したZuercher Zeitungの4ページ
米国のサイバー取締に対する意識調査結果
Webショップのプライバシーに対する情報掲載
インターネットを活用した収入額別の割合
インターネット・ショップの継続年数と全体の割合
GeorgeWBush.com
GeorgeWBush.comのパロディGWBush.com
世界初の米国大統領選オンライン討論会のサイト
NCLのプライバシー問題報告
米国の18歳以上で、1998年と2000年にオンライン・ショップ利用経験者
米国サイトで海外から購入する国々の比率
votepact.comのページ
米国大統領選に登場したAl Goa Unofficialサイト
各国のカテゴリー別オンライン・ショップの分布
2000年6〜10月のオンライン・セールス推移と業種
2000年3月から11月までの米国大統領選キャンペーンのパーセント
1996年と2000年の米国大統領選キャンペーンとメデイアの比較
AmExの2000年オンライン購入者の傾向
CSLRが公表した日本人のオンライン・プライバシー楽観主義
米国における人種別インターネット犯罪とその種類
MSNBCが2001年6月に調査したオンライン上で有害といわれるサイトへの反応
Harris Interactiveが公開したプライバシーとプロテクション情報
GAOが2001年10月15日に公表した、新しい選挙方式導入資料
GAOが2001年10月15日に公表した、選挙方式と個人
GAOが2001年10月15日に公表した、選挙の標準化
GAOが2001年10月15日に公表した、2000年大統領選で数えられなかった票
SIIAとKPMGが公開した、インターネット経由の著作権侵害調査報告
Euro RSCGの1945〜1954年と1955〜1964年生まれの技術に対する考えの違い
1979年10月2日のベルヌ条約全文
世界40カ国の「報道の自由」に対する政府別対応の比較
イギリスCESGのe-Voting Security Study
1521年にSponierがユカタン半島を発見した記事がある1522年3月18日の新聞
警察庁が2002年11月7日に公開したインターネット治安情勢の分析
オランダのDr.Jan GrijpinkとDr Corien Prinsが公開した匿名電子情報交換の新ルール
ESRB Game Ratings
New Scientistが2004年10月13日に公開した、州によっ て違う投票技術とトラブル

政治関連のURL
「越えてはならない一線を越えた」新聞
マスメディアの情報漏洩と間接殺人
電子メディア選挙
メディア・ビッグバン
世界政府研究所
ネットワーク仮想都市
FAX情報サービス
下水道管内の光ファイバー・ケーブル
メディア・コンサルタント
サイバー政党
デジタル民主主義
Net-D
デジタルコミュニティズ・フォーラム
NEW-WIC議員フォーラム
電子プラカード
WWW永田町日記
在外投票訴訟
公職選挙法とインターネットに関する「回答願」
「回答願」に対する自治省の回答書
在外投票訴訟
アンケートのパラドックス
インターネット政治研究会
バーチャル県庁
立法情報ネットワークシステム
全国20代議員マルチメディア・フォーラム
メディア・ビッグバン
Zefix
情報操作
EPOC(Efficient PrObabilistiC public-key encryption)
インターネット参議院本会議生中継実験
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
デガルス
PFI
情報関連10事業の1000億円のプロジェクト公募
新聞・通信社が主張するネットワーク上の著作権
組織的な犯罪に対処するための刑事法の整備について
情報システム安全対策指針
警察とインターネット
インターネット記者会見
暗号技術
新聞記事の公共性と著作権
ムミア・ルール
報道の自由の判例
著作権関連のURL
言論出版の自由の判例
万国著作権条約
ベルヌ条約
強制ライセンス
弁護士不当逮捕抗議集会決議
富山県立近代美術館裁判
アムネスティの人権擁護活動家の逮捕のニュース
IFJ
CPJ
ICIJ
サイバー・ウオッチ・ネットワーク
BPAGTS
Al Gore and the Internet
民主党の有害情報から子どもを守るプロジェクト
2000年11月8日のクリントン大統領(当時)へのインタビュー
ラナム法
インターネット市民集会
特定交通情報提供事業
盗作
人権擁護法案に対する共同声明
「人権擁護法案(仮称)の大綱」に対する民放連のコメント
Creative Commons
世界・報道の自由の日
e-国会
選挙とそのシステム関連のURL
未来総理
中国インターネット・アクセス規制チェック
選挙システムフォーラム
バーチャル著作物マーケット
誤解を招く、単語の並べ方
自由利用マーク
EYEマーク
統計関連情報があるURL
マニフェスト
TADO(Terrorist and Disruptive Activities Ordinance)
Unity08
毎日jp
MSN産経ニュース
ANY
暗号の2010年問題