西暦2007年問題

year 2007 problem

2007年問題

団塊の世代でもっとも人数の多い1947年生まれが、日本の情報化を担ってきた人材として集中している。しかし、その1947年生まれが2007年には60歳になり、企業の情報システムの基幹を支えてきたベテランSEが続々と引退することから起こるシステム・トラブルなどの問題です。

>> さらに詳細な情報はこちら