セキュリティ・ホールの修正パッチ種痘

Code Red Is Really a Vaccine>>Cyber Vaccine

サイバー種痘

IISのセキュリティ・ホールの修正バッチに対応しないサーバーに対し、Code Redが攻撃を仕掛け、修正バッチの重要性を指摘したという現象から登場した言葉です。

>> さらに詳細な情報はこちら


GAOが2001年8月3日に公開した情報システムのセキュリティとリスク
オランダのSECRITY.NLが公開したCode Redの世界地図
企業がインターネット被害を受けた時のトラブル要因の調査H2N2報告
米国のGAOが2001年7月25日に公開したセキュリティ・レポート
GAOが2001年8月29日に公開したInformation Secrity
FBIとSANS Instituteが2001年10月2日に発表したInternet Security Top20
Infomation Security Magazineが2001年10月1日に公開した2001 Industry Survey
Riptech社が2002年1月28日に公開した世界のAttackレポート
警察庁が2002年11月7日に公開したインターネット治安情勢の分析
通信総合研究所が開発した「不正パケット模倣装置」のシステム
FDICによる情報セキュリティとリスクに関するレポート
Robert F. Daceyが訴えた法で定めた情報セキュリティ手段の必要性報告書
「リスク管理・内部統制に関する研究会」報告書概要
「リスク管理・内部統制に関する研究会」報告書本文
FTCが2003年9月3日に公開した他人のIDを使用した事件
GAOが2003年11月17日に公開した「大学の実態調査報告」
2004年のインターネット危険度指数「Internet Insecurity Index」
「情報システム等の脆弱性情報の取扱いに関する研究会」報告書について
「情報システム等の脆弱性情報の取扱いに関する研究会」報告書
米国のPIA Life Projectが2004年4月7日に公開した、信仰とインターネット調査結果
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたKirtlandのモルモン教会
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたミズーリのモルモン教徒
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載されたモルモン教の教会
Illustrirte Zeitung1852年4月3日に掲載された北米を旅するモルモン教徒
Illustrirte Zeitung1852年4月17日に掲載されたモルモン教徒の隊列
Illustrirte Zeitung1852年4月17日に掲載された北米のモルモン教徒の村
Illustrirte Zeitung1852年6月19日に掲載された北米の黒人司教
Illustrirte Zeitung1852年8月7日に掲載された足を洗う米国の信仰儀式
平成15年度ベンチャー・キャピタル等投資動向調査結果
ソフトウェアのパッチでの対応を改善する必要性を訴えたレポート
Robert F. Daceyが公開したソフトウェアのパッチ管理プロセスに関するレポート
IPAが2005年3月31日に公開した「コンピュータ・セキュリティ〜2004年の傾向と今後の対策〜」