背番号法の成立に関して、運動団体からの声明

住民基本台帳法一部改正法案可決抗議声明文

国民1人1人を住民基本台帳からコード番号を設定し、人を番号で分類する制度で、個人を番号化するということ、また、個人情報がコンピュータで管理され、情報漏洩があった場合にプライバシーが破壊されるなど社会問題化し、反対している会などからの声明です。

>> さらに詳細な情報はこちら