戦後のベビーブーマー定年

戦後のベビーブーマー・リタイアメント

第2次世界大戦後から3〜4年間は、日本の出生率がもっとも高く、2007〜2010年にその人たち約1000万人が定年を迎え、これまで日本が経験したことのない本格的な少子高齢化時代を迎えることから、年金問題や高齢者再就職問題、医療問題など社会保障問題が一気に到来します。

>> さらに詳細な情報はこちら