先進的教育用ネットワークモデル地域事業

学校ネット

2002年度以降に始まる文部省(当時)の情報教育の充実を盛り込んだ新しい学習指導要領の実施前に、1999年9月から始まった、全国の小中高校、養護学校1076校をパソコンを高速大容量の次世代通信インフラでで接続し、全国の先生たちが経験や教材を共有しながら、学校単独や地域で取り組まれてきたネットワーク利用の情報教育を、全国規模で展開するプランでした。

>> さらに詳細な情報はこちら