全入時代


少子化や進学率の鈍化などの要因から、学生を受け入れる大学側は供給過多になりつつあり、2007年度には大学の志願者数と合格者数がほぼ同じになる大学淘汰の時代です。

>> さらに詳細な情報はこちら