性とメディア/2007年-1


Harris Interactive and Witeck-Combs Communicationsの米国調査レポートを報告し、ゲイ、レスビアン、同性愛者は1週間当たりで、オンライン・ソーシャル・ネットワークを異性愛者より多く利用していると報告しました。

>> さらに詳細な情報はこちら