全日空システム障害


2007年5月27日朝から「国内旅客系」と呼ばれるシステムの一部で反応が鈍くなって、全国の空港などで予約や発券、搭乗手続きがしにくくなり、午前8時ごろから遅延や欠航が出始め、職員が手作業で発券などに当たったが対応が追い付かなくなり、羽田発着便を中心に国内線計130便が欠航し、計306便が最大4時間50分遅れ、約6万9000人に影響が出た国内線コンピュータ・システムに傷害です。

>> さらに詳細な情報はこちら