超多眼方式


複数のカメラで撮影した複数の映像の中から、立つ位置に応じた2つの映像をそれぞれ左右の目に投影し、位置を変えると異なる方向からの映像を見ることができる方式で、このカメラが、0.5度の間隔で映像を投影し、目の中に複数の映像が表示された時(超多眼)、見る人には途切れることなく連続した立体として認識される立体映像表示方式です。

>> さらに詳細な情報はこちら