インターネット上のワイセツ画像摘発


1996年1月31日、警視庁が全国で始めてワイセツ画像をインターネットに流したとして、東京都内のプロバイダと東京都内の高校生ら2人の自宅をワイセツ図画公然陳列容疑で家宅捜査しました。

>> さらに詳細な情報はこちら


Lycos社のユーザー関心動向調査結果
世界のインターネット・ユーザー(Computer Industry Almanac Inc.より/1998年末現在)
世界のWeb内容(Nature/8.July 1999,from NEC Research Instituteより)
サーチ・エンジンの実体比較(Nature/8.July 1999,from NEC Research Instituteより)
米国国民のインターネット利用目的
米国国民で毎日利用している人のインターネット目的
米国国民のインターネット利用者の内訳
米国国民のインターネット内訳別目的
米国国民のインターネット利用率
米国国民のインターネット成長率
米国国民1日のインターネット利用時間
米国国民のインターネット利用者と未使用者の内訳
米国国民のインターネット利用者と未使用者の社会的接触
米国国民のインターネット利用のきっかけ
米国国民の家族と友人のインターネット利用
米国国民の家族間のインターネット利用
米国国民の家族でのインターネット利用環境
米国国民のインターネット利用の場所
米国国民のインターネット利用場所別時間
米国国民の電子メール利用数
米国国民のインターネット利用ベテランと初心者の違い
恋愛電子メールの利用率
日本のインターネット利用者予測
1998年〜2000年の日本人インターネット利用者の伸び
1998〜1999年におけるインターネットの経済的重点
米国における両親のインターネット利用の推移
米国の子供達がインターネットで情報を知る先
米国のサイバー取締に対する意識調査結果
Webショップのプライバシーに対する情報掲載
2000年になって登場したオンライン・ビジネス
2000年5月〜6月のオンライン・ショップの数と売り上げの伸び
2000年8月の地域別、国別インターネット・ユーザー
オンライン・ショップ・リピーターの意識
イギリスのNCCが発表したオンライン・ショップの拒否原因
米国のインターネットを使う子供と、使わない子供の比較
子供達がよく使うソフト
インターネットを活用した収入額別の割合
インターネット・ショップの継続年数と全体の割合
ドイツのドメイン数の伸び
ドイツの種類別ドメイン数の伸び
ドイツのドメイン数の伸びと、必要な金額
ドイツのホスト数の伸び
ドイツのホスト数の伸びと金額
言語別世界のインターネット・ユーザー
言語別ユーザーの円グラフ
1999年と2000年のオンライン利用者が取得した利益比較
2000年8月までの半年間で得た利益の分析
米国の学校に接続されたインターネットの数と利用環境
親と学生による教育に必要な要素比較
世界における1999年と2000年年末のオンライン小売り予測
アジアのインターネット利用環境
アジアのインターネット・ジャンキー
米国におけるインターネット・ビジネス・ユーザー
2000年9月のアジアe-commerce環境
意外と多いインターネットを利用しない米国人
インターネット広告のカテゴリーとタイプ、歴史
NCLのプライバシー問題報告
1998〜2003年の電子メール広告の効果結果と予測
オンライン・ショップと中卸業
オンラインの冷やかしと商人の戦い
米国における8〜12歳の子供とインターネット
米国の18歳以上で、1998年と2000年にオンライン・ショップ利用経験者
ImageFilterのチェックの流れ
タイプ別オンライン・ショップの割合
米国のインターネット広告掲載タイプ要求と提供タイプの比較
インターネット・ショップの売り上げとその割り合いの比較
各国のカテゴリー別オンライン・ショップの分布
2000年6〜10月のオンライン・セールス推移と業種
Goldmann Sachs and PC Data Onlineの年末商戦情報
CSLRが公表した日本人のオンライン・プライバシー楽観主義
米国の1999年と2000年年末商戦で購入できなかったサイトの数
NetValueが2000年12月15日に発表したアジアのインターネット状況
米国における宗教とインターネット
2000年年末米国における日曜ごとの売り上げ比較
米国の14〜17歳の子供が大人向けサイトを訪ねる割合
米国のパソコンユーザーとインターネット環境確保の比率
Al Gore元副大統領とColumbia UniversityのGeorge Rupp学長
2000年と2001年の業種別オンライン・ショップ低迷現象
FBIが発表した2000年5月〜2001年2月のインターネット詐欺
イタリアの2000〜2004年インターネット事情
オンラインで利用される米国のクレジットカード登録とその他
米国における人種別インターネット犯罪とその種類
1470年にニュールンベルグで制作された「知識の塔」
1548年にベルリンで制作された「法則の塔」
1500年頃に制作された鞭を持つ先生と8人の生徒
1592年に制作されたW.L.Schreiber Potsdamの教育現場
ロバに例えられた17世紀の教育
カナダの若者とインターネット
PIALPの2001年2〜3月、米国のインターネット・ユーザー分析
MSNBCが2001年6月に調査したオンライン上で有害といわれるサイトへの反応
Harris Interactiveが公開したプライバシーとプロテクション情報
インターネットを始める前に利用していたメディアと始めた後の状況
米国における2001年5月と6月のサイバー経済
イギリス人が望むインターネット・サービスランキング
2001年3月における米国の人種別メディアの選択
IMT Strategies調査による米国ユーザーのスパム・メールに対する対応
インターネット詐欺監視組織に寄せられたインターネット詐欺報告
gartnerg2が公開したオンライン・ゲームの調査データ
GAOが2001年11月30日に公開したカード地獄とカード天国
イギリスの悲惨なWebサイトを紹介するFTSE 100's Weoful Websites
Cyber-Rights & Cyber-Libertiesの1997-2002ステートメント
GAOが2002年2月1日に公開したJim Giboonsによる「School Dropouts」
ACLUによるCIPAトライアル報告書
サイバー刑事法研究会報告書の概要
欧州評議会サイバー犯罪条約
GAOが2002年4月16日に公開したInformation Security
GAOが2002年5月2日に公開したInformation Securityに関するレポートと宣言書
Robert F. DaceyのFederal Information Security Management Act of 2002コメント
総務省が2002年5月21日に公開した、「平成13年通信利用動向調査の結果」
日本政府が制定した新しい情報流通ルールと米国のFOIAの比較
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1997
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1998
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 1999の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2000の付録
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2001
ChildStats.govが公開したAmerica's Children: 2002
内閣府「第4回情報化社会と青少年に関する調査」の概要と目次
内閣府/メディアとの接触状況1-1)テレビ視聴時間-前回調査との比較
内閣府/メディアとの接触状況1-1)テレビ視聴時間-テレビ視聴時間−携帯・PHS利用の有無、パソコン利用の有無、インターネット利用経験の有無別
内閣府/メディアとの接触状況1-2)テレビニュース視聴時間-携帯・PHS利用の有無、パソコン利用の有無、インターネット利用経験の有無別
内閣府/メディアとの接触状況1-3)新聞閲読時間-過去調査との比較(参考)
内閣府/メディアとの接触状況1-3)新聞閲読時間-年齢別、性・年齢別
内閣府/メディアとの接触状況1-3)新聞閲読時間-携帯・PHS利用の有無、パソコン利用の有無、インターネット利用経験の有無別
内閣府/メディアとの接触状況1-4)使用している機器
内閣府/メディアとの接触状況1-4)使用している機器(Q5)-性・年齢別
内閣府/メディアとの接触状況1-4)使用している機器-前回調査との比較
内閣府/メディアとの接触状況1-5)キーボードリテラシー
内閣府/メディアとの接触状況1-5)キーボード操作レベル(前回調査)-親調査との比較
内閣府/メディアとの接触状況1-5)キーボードリテラシー(今回調査)-親調査との比較
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-1)利用場所
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-1)利用場所-年齢別、性・年齢別
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-1)携帯・PHSの利用場所(Q7)-親調査との比較
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-2)利用頻度
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-2)利用頻度 ア)通話(発着含む)-年齢別、性・年齢別
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-2)利用頻度 イ)メールなどの文字通信機能-年齢別、性・年齢別
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-3)電話番号登録件数
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-3)電話番号登録件数-年齢別、性・年齢別
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-3)メールアドレス登録件数
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-3)メールアドレス登録件数-年齢別、性・年齢別
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-4)携帯電話・PHSの利用状況利用用途
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-4)携帯電話・PHSの利用用途(Q10) -親調査との比較
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-4)利用動機
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-4)利用動機-年齢別、性・年齢別
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-5)人との結びつき
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-5)人との結びつき-年齢別、性・年齢別
内閣府/携帯電話・PHSの利用状況2-5)意識、行動
内閣府/インターネットの利用状況3-1)利用経験
内閣府/インターネットの利用状況3-1)インターネットの利用経験(Q15)-親調査との比較
内閣府/インターネットの利用状況3-1)現在アクセスしている機器
内閣府/インターネットの利用状況3-1)現在アクセスしている機器-年齢別、性・年齢別
内閣府/インターネットの利用状況3-2)利用内容
内閣府/インターネットの利用状況3-2)利用内容-年齢別、性・年齢別
内閣府/インターネットの利用状況3-3)発信行動
内閣府/インターネットの利用状況3-3)発信行動-年齢別、性・年齢別
内閣府/インターネットの利用状況3-4)個人情報の公開
内閣府/インターネットの利用状況3-4)個人情報の公開(Q20)-性別、親調査との比較
内閣府/情報観等4-1)なくてはならないもの
内閣府/情報観等4-1)なくてはならないもの-年齢別、性・年齢別
内閣府/情報観等4-2)情報観
内閣府/情報観等4-2)情報観 ア)できるだけ広い範囲の人に自分の意見を知ってもらったり、作品を見てもらったりしたい-青少年調査と親調査の比較
内閣府/情報観等4-3)情報観
内閣府/情報観等4-3)情報観 ウ)たいていのことなら教師や親より自分の方が詳しく調べられる-年齢、性・年齢別
内閣府/情報観等4-4)有害情報への関心
内閣府/情報観等4-4)有害情報の種類
内閣府/情報観等4-4)制限内容
NEAがe-learningの一環として公開した「米国の高等学校オンライン教室ガイド
ホワイトハウスが2002年9月18日に公開したcyberstrategy-draft
ホワイトハウスの2002年9月18日cyberstrategy-draftニュースリリース
OECD情報セキュリティガイドライン
Reimbursement Rates and Providing Access for Low-Income Children. GAO-02-894
警察庁が2002年11月7日に公開したインターネット治安情勢の分析
U.S. Copyright Law
Combating Child Pornography GAO-03-272
WIPOが2002年12月16日に公開した「INTELLECTUAL PROPERTY ON THE INTERNET」
Nielsen//NetRatingsが2002年12月20日に発表した2002年末商戦の動向
Amazon.comが2002年12月26日に発表した年末商戦結果
UCLA Surveying the Digital Future 2000
UCLA Surveying the Digital Future 2001
UCLA Surveying the Digital Future 2002
米国警察による1992-2000の犯罪報告
NCESが2003年3月31日に公開した、教育関連のセキュリティ・レポート
ESRB Game Ratings
Robert F. Daceyが訴えた法で定めた情報セキュリティ手段の必要性報告書
GAOが2003年6月26日に公開したCCTVを利用したモニタリングの効果レポート
米国のGAOが2003年6月27日に公開したビジネス管理システムとリスクに関する報告書
GAOが2003年6月27日に公開した、子供と家族に関する支援についてレポート
米国国防総省のIT技術の導入予算に関する報告書
GAOが2003年9月9日に公開した、P2Pを利用した児童ポルノの実験報告書
GAOが2003年11月4日に公開したクレジットカードに関するレポート
GAOが2003年9月9日に公開した実験報告書に対するLinda D. Koontzの質問状
NCESがまとめた教師追跡調査結果2000-01
NCESの米国政府における1980年 2003年の教育経済支援のレポート
米国政府のセキュリティ・レポート「Secrecy Report Card: Quantitative Indicators of Secrecy in the Federal Government」
GAOが2006年7月28日に公開した、インターネットのDHSプランに関するレポート
GAOが2006年7月28日に公開した、David A. PownerとKeith Rhodesによる技術セキュリティに関する連邦政府上院委員会における証言

インターネット上のワイセツ画像摘発/2004年
警察関連のURL
Webポルノ天国神話
米国内の通信改革法案
児童ポルノ処罰法案
FLMASK
岡山FLMASK裁判
大阪FLMASK裁判
東京ワイセツ画像裁判
クリッパー・チップ計画
EFF
サイバーポン
ネット・ヘイト
ネット上の詐欺商法
フレーマー
トロール
ネットワーク上のプライバシー侵害問題
インターネット
ネチズン
ネット世話役
video vigilante
電子自警団
ブラインド・ファキシング
サイベリア
MUD(Multi User Dungeons)
インターネット暴動
NetNanny
ネチケット
電子ネットワーク協議会
電子ネットワーク協議会のルール&マナー集
倫理問題に係る自主ガイドライン
電子ネットワーク協議会の倫理綱領
倫理綱領とルール&マナー集の要点
「『倫理綱領』に抗議します」
ドイツ新テレコミュニケーション法案
ドイツ・マルチメディア規制法
電子取引法制に関する研究会
黒いリボン
SafeSurf
SurfWatch
コンピュータ不正アクセス対策基準
コンピュータ緊急対応センター
Proxyサーバー
サイバー・テロ
マッド・サイエンティスト
電気通信における利用環境整備に関する研究会
組織的な犯罪に対処するための刑事法の整備について
Safety-Net
ネオ・ラッダイト運動
盗聴法案
EPIC(Electronic Privacy Information Center)
マルチメディア・スーパー・コリドール
ゴア副大統領(当時)の暗号化キー関連政策
KES
フィルタリング機能の検討案
PICS(the Platform for Internet Content Selection)
RSACi
組織犯罪防止のための法制審議会案
Cyber Patrol Coporate
Singapore-ONE
自由の疫病
バーチャル・アイデンティティ
バーチャル・セックス
仮想現実タレント
デザイナー・リアリティ
米国の電子暗号化技術国外輸出
アンケートのパラドックス
「組織犯罪対策」に反対する刑法学者の声明
フィルタリング・システム
メリーランド州のネットハラスメント防止法案
Telecommunications Act of 1996
ワイヤー・タップ
国際暗号協定
サイバー法
Manhattan Cyber Project
個人情報の保護に関するガイドライン
暴力ゲーム
電子サミット
映画Ratingシステム
インターネット風俗画面研究会
クリントン大統領(当時)のワイセツ情報規制策
CESA倫理規定
デジタル・バーサタイル・ディスク
フィルタリング機能の構築
京都・わいせつ画像データ裁判
Privacy Assured
NCSA(National Computer Security Association)
情報システム安全対策指針
盗聴法成立阻止ネットワーカー連絡会
日本国憲法とマルチメディア
不健全指定を受けた出版物
インターネットの危機
インターネット上で性犯罪者リストの公開
Proxyサーバー
コンテンツ・プロバイダ
APECの情報規制に反対するCCPJ
CyberTip line
フューチャーネットワーク
レイティング・データベースの稼働
インターネット上の情報流通ルール
情報流通ルール-1/はじめに
情報流通ルール-2/必要性
情報流通ルール-3/議論の状況
情報流通ルール-4/イギリス
情報流通ルール-5/ドイツ
情報流通ルール-6/フランス
情報流通ルール-7/オーストラリア
情報流通ルール-8/シンガポール
情報流通ルール-9/EU
情報流通ルール-10/OECD
情報流通ルール-11/APEC
情報流通ルール-12/自己責任の原則
情報流通ルール-13/情報発信への対応
情報流通ルール-14/プロバイダーの責任
情報流通ルール-15/発信者情報の開示
情報流通ルール-16/受信者の選択を可能とする技術的手段
情報流通ルール-17/事後的措置
情報流通ルール-18/脚注1〜25
情報流通ルール-19/まとめ
情報流通ルールに関する意見募集(終了)
情報の自由化宣言
レイティング・データを知るための方法
ダイレクト電子メール
スパム・メール
風営法改正
ダイヤルQ2
トップレベル・ドメイン
米国の過激な学校のフィルタリング規制法案
静岡県インターネットプロバイダー生活安全協議会
静岡県インターネットプロバイダー生活安全協議会
電子メール署名運動
ネットワーク犯罪防止法
反スパム法
CALEA
FCCのVチップ規則
Multiple Acquiring
ニフティサーブ
Green Paper
1998年1月30日に発表されたGreen Paper
Green Paperに対するEUとECの見解
情報セキュリティビジョン策定委員会
USC法
CAUCE
不正アクセス対策法制分科会
ニフティサーブのドメイン名の変更
情報操作
高精度ソーシャル情報フィルタリング
プライバシーマーク制度
IAA
アンケートのパラドックス
情報操作
ネチズン保護法
ネットに必要な10の法案
インターネット等ネットワーク利用環境整備小委員会
OECDの暗号政策ガイドライン
OECDの共同声明
ebase
IBMご利用ガイド
メール脅迫者
1998年5月1日に発表した日弁連の意見書
FTCのインターネット・プライバシーに関する提案
日本ジャーナリスト会議の盗聴法反対声明-1
日本ジャーナリスト会議の盗聴法反対声明-2
盗聴法案の国会審議入りに抗議します
1998年5月14日のゴア副大統領(当時)の講演
データベース保護法案
辞書にこだわる
通産省のマルチメディア・コンテンツの公募
国会の組織犯罪対策関連3法案の趣旨説明と質疑-1
NetAction
1998年6月5日に米国商務省が発表した最終案-1
1998年6月5日に米国商務省が発表した最終案-2
香港貿易発展局
スウェーデンのElectronic Bulletin Boards
ハイテク犯罪対策重点推進プログラム
富士通ネットワーク監視センター
Online Privacy Alliance
SeOS
コンテンツのタブー
IANAのホワイトペーパー賛成表明
郵政省の迷惑メールの苦情処理機関
電気系6学会の情報化社会の発展に向けた提言
ネットワーク上の人格
情報関連10事業の1000億円のプロジェクト公募
Kansai MediArchive
IFWP
IIJ4U
Emily Postal's Netiquette Q & A
IPP
警察庁コンピュータ犯罪対策班
逆探知システム
警察白書
告発の歴史
IANAが1998年10月2日に提出したドキュメント-1
ESD
ExSight
ハイテク犯罪の現状と警察の取り組み
富山県立近代美術館裁判
米国の法律関連のURL
サイバー・ウオッチ・ネットワーク
JIS Q 15001
映像送信型風俗特殊営業
不正アクセス行為の規制等に関する法律(案)
ICRA
Eスクエア・プロジェクト
オーストラリア1999年放送サービス修正法案
@nifty
デジタルミー
NAAL 2002
Norton Internet Security 2000
インターネット利用のルールとマナー集
AFTA
CCIPS
ES@SCHOOL
コンテンツ保護関連命令セット
Undergroundfilm.com
Webify
盗聴法を直ちに廃止することを強く訴える(声明)
偽銀行サイト警報
M2card
バーチャルタレント・オーディション2001
警察の組織犯罪を告発するネットワーク
民主党の有害情報から子どもを守るプロジェクト
音声ドメイン
unsolicited Email
cyber pollution
電子通販
民主党の提案した「子ども有害情報」
e-movie
chatterbot
World Summit on Media for Children
Slam-a-Cyberscam
環境変数
HR-XML Consortium
Identrus
DSL(Design Science License)
WISE(Web-based Inquiry Science Environment)
プロバイダ責任法
迷惑メール防止法案
メディア規制3法案
.kids.us
日・ASEAN協力の「5つの構想」
ACLU(American Civil Liberties Union)
Digital Pearl Harbor
アイコラ
2001年9月11日以降の世界のデータ規制
中国インターネット・アクセス規制チェック
CTEA(Copyright Term Extension Act)
CARP(Copyright Arbitration Royalty Panel)
誤解を招く、単語の並べ方
ASEAN(Association of Southeast Asian Nations)
ASEAN+3
AFMM+3(ASEAN+3 Finance Ministers Meeting)
ASEM(Asia Europe Meeting)
EPC(Economic Policy Committee)
Censorship
NIFL(National Institute for Literacy)
GMS(Greater Mekong Sub region)
知識鉱脈
エントロピー
情報エントロピー
情報セキュリティ監査制度
情報防衛センター
統計関連情報があるURL
DVDオーディオプロモーション協議会
アカウンタビリティ
TCPA(Telephone Consumer Protection Act)
SafeSearch
Operation E-Con
暴力ゲーム
DIVA(Distributed digital Video Arrays)
放送倫理・番組向上機構
ワシントン条約
P4 Act
AOP(Association of Online Publishers)
潰れる雑誌、残る雑誌
SmartScreen
オンライン・コンテンツ
性とメディア
性とメディア2000年
性とメディア2001年/2002年
性とメディア2003年
性とメディア/2004年-1
性とメディア/2004年-2
CAN-SPAM Act
スパイウェア
Operation Peer Pressure
EAEC(East Asia Economic Caucus)
ルック・イースト
TECF(Trusted Electronic Communications Forum)
フリー・ペーパー
発信元特定ソフト
Pharming
Def Tech
巨大メディアと下品番組の関連性
宗教とメディアとコンピュータとインターネット
ネット書き込み殺人事件
GSO(Get Safe Online)
FOSI(Family Online Safety Institute)
JUNIOR net