インドの6人の盲人

Six Blind Men of Indostan>>The Blind Men and the Elephant

6人の盲人と象

南インドの海遊漁民タミール族の「6人の盲人が象を触って、それぞれ触ったところによって異なった全体像を想像した」ということわざがあり、理解は10人10色であるという「ことわざ」として世界中に知られるようになりました。自分と同じ考えは10人いたら1人くらいで、自分と同じではないといって嫌うと、10人中9人が敵になります。

>> さらに詳細な情報はこちら