ドイツの原子力コンセンサス合意書署名


ドイツ連邦政府は脱原子力を規定した原子力法改正法案の早期議会提出を目指していたが、電力業界等から強い反発にあり、撤回し、1999年1月以降、ドイツ連邦政府と電力会社との間で、原子力発電所のあり方について検討するコンセンサス協議が行われ、2000年6月14日、ドイツ連邦政府と電力会社代表との間で原子力発電所の運転期間を基本的に32年にすること等を合意し、原子力コンセンサス合意書に署名しました。

>> さらに詳細な情報はこちら