特徴相関法


富士通研究所が1997年10月に開発した認識アルゴリズムで、指紋認識に利用され、1指あたり平均430バイトという少ない情報で、20mm/秒で本人認識ができます。

>> さらに詳細な情報はこちら


富士通が1994年9月7日に発表した指紋認識装置「フィンガーパス」-1
富士通が1994年9月7日に発表した指紋認識装置「フィンガーパス」-2
日本で最初に作られたテレフォンカード
Gemplus社のGemXpresso
Gemplus社の1,000,000,000回使えるテレフォンカード
タイのテレフォンカード(上/スポンサー付き、中/50回カード、下/100回カード)
e-plusのテレフォンカード
パッキーカード
Compaq Computer社とIdenticator Technology社が共同でバイオメトリック技術を利用して開発した低価格の指紋による本人認証システム
昔の本の盗難防止用チェーン
富士通研究所のカード型指紋認証装置-1
富士通研究所のカード型指紋認証装置-2
FranceTelecomのICカード型テレフォンカード「Carte France Telecom」
FranceTelecomのICカード型テレフォンカード「Carte France Telecom Entreprise」
FranceTelecomのICカード型テレフォンカード「Carte France Telecom Jeunes」
チェコのRadioMobil社のテレフォンカードPaegas(Blue Card、Silver Card、Gold Card)
ソニーの「FIU-700」
NECのMateNXとVersaProNXの指紋認証
特徴相関法を採用した富士通のFingsensor
産業革命に影響された1890年にLouis Poyetが描いた「発明する頭」
1908年にLouis Poyetが描いた「Dr.Marageの写真と声」
GAOは2001年10月31日に公開した「Brain Fingerprinting」に関する調査報告
米国の国境で利用されているバイオメトリックスに関するレポート
イスラエルの40周年として1988年に発行されたテレフォンカード
GAOが2003年9月9日に公開した、バイオメトリックスを利用した情報セキュリティ実験報告書
FBIの犯罪捜査と指紋に関する調査報告書
国境警備に関して顔写真の認証だけではリスクが高すぎるとしたRandolph C. Hiteの実証実験レポート
Barbara D. Bovbjergによる顔面認証に関する長期計画としての実証実験レポート
Privacy Internationalが2004年4月27日に公開したIDカードとテロリズムに関するレポート
FBIの2004年 2009年計画