バイオ・コンピュータ

bio computer


分子レベルの生物学的構造を利用したコンピュータで、生物の細胞内では、たんぱく質同士が電子を受け渡して情報を伝達し、生命機能を維持している。こうした生物の仕組みをヒントに作られ、素子を生体分子素子という。生物工学の技術を応用した生体分子素子(bio chip)を作るには、合成した有機物分子や酵素などのタンパク質分子を使うことが考えられています。

>> さらに詳細な情報はこちら


1986年のノーベル物理学賞受賞者紹介のページ
世界で初めてナノの世界を視覚化したエルンスト・ルスカと電子顕微鏡
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-1
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-2
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-3
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-4
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-5
電子顕微鏡の細胞(撮影:広島大学医学部工田昌也/画像処理:井原潤)-6
Polaroido社のDigital Microscope Camera
Polaroido社のDigital Microscope Cameraで撮影された画像GIFアニメーション
日立が開発した透過電子顕微鏡と高感度TVカメラシステム
日立が開発した走査電子顕微鏡S-3500N
液晶の分子配列の模型
Poyetが19世紀に考えた万能コンピュータThe Forget-Me-Not Computer
Boris Artybasheffが1966年に描いた自動人間
雑誌Nature表紙を飾ったピンセット型のモーター
NASAが1999年に発表した未来に向けた科学
BMDOとVIGILANTE projectが開発した3DANNプロセッサ
ワイズマン理科大学のProf. Ehud ShapiroとYaakov Benenson
バイオ・コンピュータ開発リリース
GAOが2001年11月30日に公開したLeading Commercial Practices for Outsourcing of Services
GAOが2001年11月27日に公開したNASAのアーカイブ構築プラン
1950年代のNATO
1960年代のNATO
1970年代のNATO
1980年代のNATO
「組換えDNA技術工業化計画」に係る確認について
「カートリッジ型前処理デバイス」と「マイクロ検査チップ」
GAOが2003年11月17日に公開した「大学の実態調査報告」
Illustrirte Zeitung1845年1月4日号に掲載された有機化学を体系化したJustus Liebig
Justus Liebigが研究していたGiessenn化学研究所の外観
Justus Liebigが研究していたGiessenn化学研究所の研究室
Illustrirte Zeitung1850年8月31日に掲載されたDubois Reymond物理実験
Illustrirte Zeitung1850年8月31日に掲載されたウサギの電気実験
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載された物理学者Christian Friedrich
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載されたBainの電子化学コピーTelgraphシステム
Illustrirte Zeitung1854年4月8日に掲載されたLouis Lacombe
Illustrirte Zeitung1854年4月8日に掲載されたBreslau王立化学研究所
3万2000年間眠り続け、生き返ったバクテリア
Dr. Elena PikutaとDr. Richard Hoover
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室

ニューロ・コンピューティング
ニューラル・ネットワーク
ブレインウェア
プロテイン・スイッチ
生体分子素子
ニューロラブ計画
ウェアラブル・コンピュータ
セル・オートマトン型人工脳
Ruputer
テラマック
自己回復テクノロジー
DNAコンピュータ
IBM eNetwork/1
PCグラストロン
ポインティング・デバイス
バイオテクノロジー産業の創造に向けた基本方針
電子顕微鏡
結晶コンピュータ・チップ
バイオテクノロジー
TNTY 2000
Land Warrior計画
Half Keyboard
生体分子コンピューティング技術
echarpe communicante
DataHand ergonomic keyboard
ビジョン・パッド・アイデンティファイア
eLiza
スーツ型コンピュータ
ペンタセン分子
Motorola iBoard
JPL(Jet Propulsion Laboratory)
ハプティックス
BUI(Bio-adaptive User Interface)
WatchPad
MEMS(MicroElectroMechanical Systems)
MEMS(MicroElectroMechanical Systems)
bodynet
MEG(Magneto Encephalo Graphy)
MSR(Magnetically Shielded Room)
シンギュラー・ポイント
組織培養と芸術
バイオテクノロジー戦略会議
Multi-University Research Laboratory
単分子トランジスタ
包括的産学融合アライアンス
NATO
Look Device
orbiTouch
Fastap Keypad
Infanoid
VMDT(Video Mobile Data Terminal)
ジェスチャ感知入力装置
バイオ・センサー・チップ
バイオMEMS
HoloTouch
Biogeochemical
Biocomplexity
リバーシブル・コンピューティング
Move36
冷凍「方舟」プロジェクト