バイオ・センサー・チップ

bio sensor chip>>bionic chip


生きた細胞を利用して有毒物質などの探知を行なう能力で、生きた細胞が、病原体や毒素などによって死亡することで探知します。また死んだかどうかを確認するため、生きた細胞をチップに載せた場合も、バイオ・センサー・チップと呼んでいます。

>> さらに詳細な情報はこちら


2000年3月1日に公開したバイオ・センサー・チップ
2002年5月14日に公開したバイオ・センサー・チップ
A Microfabricated Chip for the Study of Cell Electroporation
「カートリッジ型前処理デバイス」と「マイクロ検査チップ」
GAOが2003年6月30日に公開した、生物兵器を使ったテロに対するIT技術のレポート
平成15年度「医科分野の情報システム構築事業」の公募の結果について
平成15年度「歯科分野の情報システム構築事業」の公募の結果について
平成15年度「薬科分野の情報システム構築事業」の公募の結果について
GAOが2003年10月20日に公開した、生物兵器テロに対抗するためのレポート
World Uranium Weapons Conference 2003のロゴ
World Uranium Weapons Conference 2003のポスター
World Uranium Weapons Conference 2003のリーフレット
World Uranium Weapons Conference 2003の内容案内
World Uranium Weapons Conference 2003の概要
World Uranium Weapons Conference 2003が開催された場所
World Uranium Weapons Conference 2003のプレス発表-1
Dr. Jawad Al-Aliのプレゼンテーション資料
Dr. Souad Al-Azzawiのプレゼンテーション資料
Dr. Antonietta M. Gattiのプレゼンテーション資料
John LaForgeのプレゼンテーション資料
Heike Schroederのプレゼンテーション資料
Philip Steeleのプレゼンテーション資料
Dai Williamsのプレゼンテーション資料
外務省が2003年11月18日に公開した2003年生物兵器禁止条約年次締約国会合情報
Lawrence J. Dyckmanによる農作物と食品に対するバイオ・テロに関する調査報告書
John B. Stephensonが提出した化学兵器に対する実験報告書
バイオ光センサーの模型図
バイオ光センサーに光を照射したときのFET電圧変化
Raymond J. Deckerによる化学兵器に関する実証実験報告レポート
経済産業分野のうち個人遺伝情報を用いた事業分野における個人情報保護ガイドライン
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
厚生労働省が2005年4月14日に公開した、「H2N2型インフルエンザウイルスを含む検体の廃棄について」