バイオ光センサー


生体をコンポーネント(部品)として用いた光センサーで、日本の研究グループは2004年3月17日に、「バイオ共役光受容ナノマテリアルの創生」研究の成果として、生体組織と半導体素子を組み合わせたバイオ光センサーの試作に世界で初めて成功しました。

>> さらに詳細な情報はこちら