徘徊者保護システム


痴呆性(認知症)の高齢者などが突然どこかに行き、本人もその場所が理解できず行方不明になる事件が多発するようになり、そのような人に発信機やタグをお守りにして持たせたり、わからないように衣服に装着して、それを出入口でチェックをする方式や、PHS位置情報利用システムなどが利用されるようになっています。

>> さらに詳細な情報はこちら