ハイビジョン

hi-vision


NHKが開発した高品位テレビ(HDTV)方式で、ハイビジョン映像の撮影、記録再生(ビデオ)、伝送方式などが実用化され、伝送方式は高度なデータ圧縮技術が使われているため、とくにMUSE方式と呼ばれています。走査線数が1125本、2:1インタレース、1秒あたりの画像数が30フレーム、アスペクト比が9:16、垂直解像度1000TV本以上、水平解像度800TV本以上、音声は4チャンネルPCM方式です。

>> さらに詳細な情報はこちら