ハイブリッド耐震試験技術


振動台試験のように構造物全体を振動させて破壊現象を再現し、塑性領域での挙動を解明する方法はあったが、振動台試験には構造物の大きさや質量の制限があり、すべての耐震試験を実施でなかったことから、構造物を部分構造物と数値モデルとに二分し、部分構造物の試験と数値モデルの解析とを両者の境界面でデータを受け渡ししながら連携させた試験手法のことです。

>> さらに詳細な情報はこちら