バイ・リニア法

bi-linear


画像補間の一つで、補間される画素のまわりの4点を用いて1次近似で濃度値を決めます。これもニアレスト・ネイバー法と同様に、すばやい補間をできますが、やはり画像の粗さが目につきます。

>> さらに詳細な情報はこちら