バグ

bug


プログラミング上の誤りで、もともとは虫のことで、虫食い状態のプログラミングということから使われるようになりました。世界で最初にコンピュータの誤りをバグといったのは、MARK Iのプログラミングをしていたホッパー(G.Murray Hopper)が1945年8月のある夜に、彼女のプログラミング・メモの上に虫がとまり、その部分を飛ばして読んだことが始まりといわれています。

>> さらに詳細な情報はこちら