爆発物探知システム

ETDS>>Explosives Trace Detection System

爆発物探知装置

X線を用いて物体の形状を判別することで刃物、火器、不審物等の有無を調べる「バルク検出法」と、空気中から爆薬成分の蒸気を検出し、化学分析から爆薬の有無や種類を判定する「トレース法」があり、日本では、バルク検出法が一般的だが、バルク検出法とトレース検出法を併用することにより、高精度に危険物を探知する方法が、欧米を中心に広まっています。

>> さらに詳細な情報はこちら


日立製作所中央研究所が開発した爆発物探知システムの試作機
フランスの郵便料金の歴史
イギリスの郵便料金の歴史
米国の郵便料金の歴史
GAOが2001年7月31日に公開した航空チケット・ルール
日立製作所が製品化した爆発物探知システム-1
日立製作所が製品化した爆発物探知システム-2
IATAが2002年2月5日に発表した運送実績がマイナスを記録
GAOの旅客用交通機関へのテロに対するのセキュリティのレポート
航空機に隠された危険物質のセキュリティ管理レポート
2003年1月23日にGAOが公開した中小空港のレポート
GAOが公開した、2030年までの空港経営戦略
Gerald L. DillinghamによるFAAの国内航空システムでの調査
statewatch.orgが2003年2月18日に報告した航空機や旅客船搭乗者リスト確認
GAOが2003年2月26日に公開した空港運営経済レポート
2002年10月24日にEUが発行した航空機乗客情報を米国に渡す条約
EUと米国の航空機や旅客船搭乗者リスト交換の共同声明
米国の国際空港と小さなコミュニティ航空サービスについてのレポート
国際テロ事件の分析グラフ
GAOが2003年5月27日に公開した国際テロ・レポート
Airline Labor Relations: Information on Trends and Impact of Labor Actions
Parks AssociatesのTrends in Residential Energy Management白書
GAOが2003年9月25日に公開した空港における乗客のスクリーニングに関するレポート
ファーストクラスとビジネスクラスの旅行カードとコントロールの差
Gregory D, Kutzの実証実験結果報告
Hon. Putnam Federal Computer Report Card Press Statement
Computer Security Report Card 2003
Overall Federal Computer Grade and Bar Graph
Federal Computer Security Grades 2000-2003
Computer Security Grade Criteria
GAOが2003年12月18日に公開した各省庁のITリーダーシップ努力要請レポート
GAOが2002年12月19日に訴えた、IT技術の安全保護と進化レポート
政府関連省庁などのパブリック・キー情報セキュリティ調査レポート
Illustrirte Zeitung1845年1月4日号に掲載された有機化学を体系化したJustus Liebig
Justus Liebigが研究していたGiessenn化学研究所の外観
Justus Liebigが研究していたGiessenn化学研究所の研究室
2004年2月14日に公開した、コンピュータを活用した入国検査レポート
2004年2月14日に公開した、空港での手荷物スキャン実験報告書
米国北東部を走るAmtrakのIntercity乗客安全管理に関するレポート
輸送システムにおけるセキュリティ確保規制広報活動に関するCORRESPONDENCE
コンピュータを活用した入国検査に関するNorman J. Rabkinの実証実験レポート
Illustrirte Zeitung1850年8月31日に掲載されたDubois Reymond物理実験
Illustrirte Zeitung1850年8月31日に掲載されたウサギの電気実験
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載された物理学者Christian Friedrich
Illustrirte Zeitung1850年9月7日に掲載されたBainの電子化学コピーTelgraphシステム
GAOが2004年3月29日に公開した米国の刑事事件に関する歴史的動向を調査したレポート
米国の防衛関連メジャー・プログラムのレポート
国防に関する不正取引禁止に向けた管理レポート
未来に向けた国防に関するGregory D. Kutzの実証実験レポート
海の国土安全に関するRichard M. Stanaの実証実験レポート
GAOが2004年5月7日に公開した、未来に向けた国防と米国国防総省の透明性改善レポート
Illustrirte Zeitung1854年4月8日に掲載されたLouis Lacombe
Illustrirte Zeitung1854年4月8日に掲載されたBreslau王立化学研究所
Illustrirte Zeitung1856年1月26日に掲載された化学者Justus von Liebig
ミュンヘンのJustus von Liebig研究所
Justus von Liebigの階段教室
Illustrirte Zeitung1856年5月31日に公開された気圧計
GAOが2005年7月15日に公開した、国際空港のセキュリティに関するレポート
日立製作所ディフェンスシステム事業部が2005年7月20日に公開したリリース
GAOが2007年4月27日に公開した、入国審査と税関に関する情報技術レポート
GAOが2008年9月10日に公開した、入国審査と税関査定に関する報告書