博物館収蔵品情報システム


博物館ごとに受注生産でシステムが組まれ、収蔵品をデータベース化して管理し、展示場の解説カードや学習用教材などの編集作業を効率化でき、研究者のパソコンと連携して各博物館をネットワークで結ぶことも可能にし、収蔵品の画像はデジタルカメラで保存している。所蔵する美術品をデジタル化し「電子ミュージアム」として公開することもできるシステムです。

>> さらに詳細な情報はこちら