パスト・ビュー・ネット

Past View net


メガチップスが開発した、パスト・ビュー・ネットは画像圧縮伸長IC、4Mバイトの画像メモリ、LANコントローラー、CPUなどで構成され、送受信の両側にセットする。ビデオカメラで取り込んだ映像などを最大1/200まで圧縮し、ハブを介してEthernetで伝送すると、受信機側で伸長し、モニタに再生される、Ethernetを通じてビデオ映像などを伝送する画像伝送システムです。

>> さらに詳細な情報はこちら