パソコンの耐用年数


これまでの税制ではパソコンの耐用年数は6年で減価償却ということですすめられてきたが、ドッグイヤーと呼ばれるように、1年で7年と数えるのが常識になっていることから、2001年度税制改正の要綱の閣議でも問題になり、年数を2年短くして4年に短縮することが決定しました。

>> さらに詳細な情報はこちら