バーチャル・カー

virtual car


自動車メーカーがコンピュータ・ネットワークを活用して、新車の企画・設計から生産準備までを電子で開発した自動車で、衝突・騒音問題にネットワーク上で対応し、新車開発にかかっていた約500億円前後の費用や設計・デザインの変更に伴う無駄も削減し、2年以上かかっていた開発期間も半分以下に短縮して、各社に共通するインフラのコストも大幅に軽減するために日米欧の自動車メーカーや部品メーカーなど、世界の拠点を電子ネットワーク上で連携した、本格的なバーチャル・カー・システムを構築する動きがあります。

>> さらに詳細な情報はこちら