バーチャル・リアリティの父

Father of the Virtual Reality

仮想現実感の父

感覚を意味する(sence)とジオラマ(giorama)から名付けられた、五感シミュレータアーケード・マシン(筺体一体型のゲーム・マシン)の「センソラマ」を1964年に発表した、映写技師で映像作家のモートン・ハイリグ(Morton L. Heilig)のことです。

>> さらに詳細な情報はこちら