波長半減方式の光源


半導体レーザー光の発信波長をSHG(Second Harmonic Generation/第2高調波発生)素子を使って、半分に短波長化した光源のことで、半導体レーザーとして発信波長850nmの赤外線レーザーを使うと、半分の425nmの青色レーザー光を得ることができます。

>> さらに詳細な情報はこちら