発行部数誇張問題


広告スポンサーや広告代理店が、新聞や雑誌に広告を掲載する場合、一番重要視するのが発行部数や実売数であることから、一般的に話半分といって、実売数100万部の場合は、実売では各発行部数であったり、さらにその半分であることも多いことから、社会問題化し始めています。

>> さらに詳細な情報はこちら