発明対価

職務発明の対価

知的財産は企業ではなく、開発した個人の能力によるところが大きいことから注目されるようになっている、企業が特許で得た利益から、開発した個人に支払うべき対価です。

>> さらに詳細な情報はこちら