パピエ・コレ

Papier Colle


画面に新聞紙、模様のある紙、切符、レーベル、羽毛、針金などを貼って造形効果を狙う手法を総称した言葉で、キュービズムの実験が分析的段階にいたり、画面が抽象的な線の要素まで解体してしまったことから、現実感や日常性を取り戻すためにピカソやブラックが創り出した手法です。

>> さらに詳細な情報はこちら