ハプニング

Happning


Allan Joseph Kaprowが、1959年にニューヨークのReuben Galleryで初めて開いた個展で、使用したタイトルから引用されたのが最初と言われ、アラン・カプローが定義した「パフォーマンスと鑑賞者が創り出す環境芸術」が基本的な考え方といえます。

>> さらに詳細な情報はこちら