ハミング符号


基本的にはビット単位の誤り訂正を行ない、1ビットの誤りを発見した場合は訂正するが、2ビットの誤りは検出するだけという訂正能力の低さが指摘されていた誤り訂正処理で、誤り訂正処理が簡単なため並列処理を行うことにより、1Gb/s(1秒間に10億ビット)を大きく超える高速処理が可能になりました。

>> さらに詳細な情報はこちら