バンド幅制御


回線の状況(通信容量)を定量化し、回線伝送容量の変化と伝送バッファの残データ量から、伝送バッフ ァへの伝送量を予測制御するアルゴリズムで、メディアの優先順位にあわせ、常に新しい情報を送信するので、低通信容量(33.6KBPS以下)のアナログ電話回線でも複数種のデータを効率よく伝送できます。

>> さらに詳細な情報はこちら