バンプ・マッピング

bump mapping


実際の面の形を変えずに見かけ上、複雑で凹凸したようなレンダリングをする方法で、凹凸の深さや高さは法線ベクトルの方向によって決まります。この効果はあくまでも見かけ上の錯覚を利用しているのでもとの形状が変わったわけではありません。

>> さらに詳細な情報はこちら