バンドン精神

Bandung spirit


1955年4月にインドネシアのバンドンで開かれたアジア・アフリカ会議で採択された、基本的人権と国連憲章の尊重、国家主権と領土保全の尊重、人種・諸国民の平等、内政不干渉のほか、「集団的防衛機構を大国の特定の利益に用いない」「国際紛争は、国連憲章に従い平和的手段で解決する」ことなどを定めた10原則の精神のことです。

>> さらに詳細な情報はこちら